【漫画】朝起きたら、夫氏の車が駐車場から消えていた件(自動車盗難)

プロローグ

ここのところ仕事に家庭にてんやわんやな状態が続き、元からご無沙汰なブログが一層ご無沙汰になっておりました。

基本的にはワーママ関連の漫画・育児漫画を中心に超ゆったりペースで更新することを目指している弊ブログですが、

「辛い体験だったけどいつか読みやすいメディア(漫画)で共有して、1人でも被害に遭う人(車)を減らすことに繋げたい」

と考えることになった、少ししょっぱい事件がありまして…。

自動車生活圏の方が1人でも多く読んでくださり、対策に繋げていただけると嬉しいです。

漫画:朝起きたら、夫氏の車が駐車場から消えていた件

どうやって対策を考えるか

まずは盗難車関連の知識を正しく持つことです。

私の場合は、以下の2つのWEBサイトで自動車盗難に関する最新トレンドを把握することができました。

STOP THE 自動車盗難 -自動車盗難等防止に関する官民合同プロジェクトチーム-

漫画でも触れている「官民合同プロジェクトチーム」のWEBサイト。最新の統計から対策例まで情報が豊富で、盗難が心配になった方はぜひ一読をおすすめします。

自動車盗難情報局

「盗難に遭ってしまった車を1台でも多くオーナー様の元に取り戻したい」「できれば被害に遭う前に、自動車盗難の現状を知って対策してほしい」、との理念で運営されているWEBサイトです。盗難車登録フォームを設けており、被害情報・発見情報が迅速に掲載されるため、どの地域でどのような条件の車が盗まれやすい状況になっているか把握するのに役立ちます。

 

現状を把握した上で、「自分や家族の所有状況は危険度が高いな」と感じた場合には対策を考えます。
予防措置を講じるか、事後対策を厚くするか、置かれた状況に応じて判断するのが良いでしょう。

残念ながらうちには盗まれるような車はなくなってしまったけれど、私の通勤車についても、万が一に備えて早速 リレーアタック対策の電波遮断ポーチ(↓こんなやつ)ぐらいは使うようにしています。探せば意外とかわいいデザインのがあるんだね。

これ以上車がなくなったら、仕事にも行けないし生活できませんからね…。自衛大事。

 

終わりに

色々書きましたが、犯行現場に鉢合わせてトラブルになるようなことがなかったのは不幸中の幸いでした。

「万が一」「もしかして」への備え、大事ですね…。

これを機に、車だけでなく住宅に関する防犯・防災関係の備えも見直してみようと思っています。

ワイは教訓を生かすんや…!

ABOUTこの記事をかいた人

そこそこいい感じのワークライフバランスの実現に向けてPDCAを回す、アラサー共働き総合職夫婦(の妻のほう)です。 両実家とも超遠方。「お父さん2人・お母さん2人」を合言葉に、夫と仕事も家事・育児も50:50で折半しています。 フルタイム勤務・国内海外出張可。残業は極力しない。 ワーキングマザー1年生。バリキャリとゆるキャリの境目で、日々悪戦苦闘しながらふんばってます。